事業推進責任者あいさつ


永安武

 長崎大学医学部は、平成25年より文部科学省未来医療研究人材養成拠点形成事業(テーマB)として「つなぐ医療を育む先導的教育研究拠点の構築 〜人と人、場と場、ケアとリサーチをつなぐ総合診療医の養成〜」に取り組んでいます。

 本プログラムが目指すものは、医師として医療の視点だけではなく、医療と福祉・介護を連結させ、高齢者の生活を理解し守ることができる医療人を育成し、未来の社会づくりに貢献することです。これに向けて、地域ですでに活動している医師や看護師、介護、社会福祉士を始めとする多職種の専門職と関連施設の方々にご協力いただき、長崎県全域におよぶ卒前、卒後教育の教育体制を整備してきました。また、介護、社会福祉士の育成で実績のある長崎純心大学と連携しこれまでにない新たな幅広い人材育成のかたちを築き上げていきます。
 
 この先導的な人材育成モデルが、全国、そして世界へと発信できるものへ成長することを期待しています。