お問い合わせ サイトマップ ENGLISH
ホーム>研究科長あいさつ
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
ホームページへようこそ
医歯薬学総合研究科長
尾野村 治

 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科は急速な生命医科学の進展に対応するため,2002年に,医学,歯学,薬学のそれぞれの大学院研究科が融合し発足しました。 以来,医学・歯学及び薬学の知を結集し,生命・医療科学分野における教育研究内容の学際化・高度化・先端化及び国際化を図り,生命科学・医療科学に関する世界水準の教育研究を多くの教員が連携して多角的に展開してきました。
 本研究科は,(1)科学的独創性と国際性に溢れた多様な生命医療科学者の養成 (2)大学の特長を生かして生命医療科学における特定の研究課題を先端的に担い,かつその領域で中心的に社会(世界)に貢献し得る人材の育成 (3)科学性と自立性・社会性をともに身に付けた高度 専門職業人としての医療人の育成を目的としています。
 そのため,急速な生命医療科学の進展に対応できる資質を有し,(1)生命医療科学における先端的な研究を目指す(2)先端医療,保健行政,国際医療協力といった多様な分野において社会への貢献を目指す(3)創造性に溢れた(4)責任感溢れる次世代のリーダーとなるべき高度専門職業人を目指す,学生,社会人および外国人留学生の入学を求めています。
 研究科では医歯薬学の多分野を広く深く学べるカリキュラムに加えて,「未来医療研究人材養成プログラム(医工連携と地域包括ケア)」,「癌プロフェッショナル養成プログラム」,「博士課程リーディング大学院プログラム」,「日露の大学間連携による災害・被ばく医療科学分野におけるリーダー育成事業」などの特長ある多元的な人材養成プログラムを用意しています。 また,熱帯医学・新興感染症,放射線災害医療に続く国際的に競争力のある第3の教育研究コアを形成するために,移植再生医療,アカデミア創薬を始めとする7つのユニットからなる先導教育研究コアを構成し,融合型教育研究を促進しています。
 入学者はこれらを能動的に活用し課程修了時には,(1)医学・歯学・薬学分野の生命科学に関する幅広い知識,(2)先端的生命科学研究を行うために要する研究技能,(3)英語による学会発表及び英文による先端的生命科学論文を作成する能力,(4)自らが主体的に研究を遂行できる総合的能力,(5)先端生命科学を通して国際貢献できる能力,を身につけた博士になれます。 修了後には研究者,医療人材として国際舞台で活躍できます。
 大学院における教育力を高めるには教員自身あるいはグループの研究力を強化することが必然で,本研究科の教員は日々教育力と研究力の強化に努めています。希望者の皆様は安心して入学してください。 医歯薬学の分野では,博士の学位を取得して初めて専門家として一人前に扱われます,特に海外で議論できないといった場面が多々あります。ぜひ本研究科で博士号を取得してください。
 私は平成29年11月より医歯薬学総合研究科長を務めておりますが,工学研究科出身です。医歯薬学の学部・修士出身者にも本研究科への進学を強く勧めますが,それ以外の多様な経歴も大歓迎です。異質な経歴が強みとなり,それらが融合して新しい価値が生み出されます。入学者の皆様と一緒に研究科の輝かしい未来を創り上げましょう。

HOME
研究科長あいさつ
研究科概要
教育研究活動
研究者・機器データベース
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
企業の皆さまへ
公開講座
    関連リンク
    交通アクセス
    教職員専用ページ
    電子事務室(学外者向け)