教育・研究

情報公開(人を対象とする生命科学・医学系研究)

「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」に基づく情報公開

人を対象とする生命科学・医学系研究の中には、患者さんやご家族にご説明してご理解いただき、そのうえで同意をいただくものと、直接のご説明や同意をいただく手続きが必要なく、研究に関係する情報を公開するものがあります。
下記の研究は、過去に別の研究で収集した試料・情報を利用することや、通常の診療で得られた過去の記録をまとめることによって行います。 このような研究は、国が定めた指針に基づき、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るかわりに、研究の目的を含む研究の実施についての情報を公開することが必要とされております。
利用する情報からは、お名前、住所など、直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や雑誌等で発表されますが、その際も個人を特定する情報は公表しません。
ご自身またはご家族等が、過去の診療データや保管している試料を研究に使用してほしくないと思われる場合や研究に関するお問い合わせなどがある場合は、研究情報の記載している「問い合わせ先」へご照会ください。研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受けることはありません。

課題名研究責任者・所属
甲状腺癌における悪性度・予後予測マーカーとしての免疫組織化学的検討原爆後障害医療研究所・本山 高啓
孤発性プリオン病における新規診断基準の感度・特異度とその問題点の抽出医歯薬学総合研究科・佐藤 克也
甲状腺腫瘍発症・進展機序の解明原爆後障害医療研究所・光武 範吏
長崎原爆被災直後の原子爆弾災害調査の再解析原爆後障害医療研究所・横田 賢一
腫瘍病理診断における53BP1発現とゲノム不安定性:分子病理マーカーとしての意義原爆後障害医療研究所・中島 正洋
マタニティ白衣レンタルと育児中の女性医師に関する研究病院・南 貴子
献体遺体における人体諸構造の肉眼解剖学的、
組織学的および画像解析学的研究
医歯薬学総合研究科・髙村 敬子
プリオン病の血液からのiPS細胞の樹立及び
そのiPS細胞を用いたヒト神経細胞・グリア系細胞の樹立
医歯薬学総合研究科・西田 教行