プログラム概要

活動報告
医歯薬系 工学部系
学会発表
平成29年度(国内)
4月20日 学会名: 第38回生涯教育講演会(呼吸器セミナー)
タイトル:

4月27日~29日 学会名: 第117回日本外科学会定期学術集会
タイトル:

バイオ3Dプリンティングによる気管再生治療ー当科での取り組み

5月18日~19日 学会名: 第34回日本呼吸器外科学会総会
タイトル:

悪性・良性疾患に対する気道外科手術

6月9日 学会名: 第40回日本呼吸器内視鏡学会
タイトル:

バイオ3Dプリンター"Regenova"を用いた新たな人工気管作製

9月26日~29日 学会名: 第70回日本胸部外科学会定期学術集会
タイトル:

バイオ3Dプリンティング技術を応用した気道再建の試み

9月26日~29日 学会名: 第70回日本胸部外科学会定期学術集会
タイトル:

バイオ3Dプリンティングを用いた細胞のみからなる人口食道作製の試み

平成29年度(海外)

5月19日~24日

学会名: 米国胸部学会議(ATS 2017)
タイトル: Three different types of endithelial cells have similar potentials in a scaffold-free trachea-like structure made by bio-3D-printer

10月7日~11日

学会名: 欧州心臓・胸部外科学会(EACTS2017)
タイトル: Image guided lung segmentectomy by mulyiple approaches

10月7日~11日

学会名: 欧州心臓・胸部外科学会(EACTS2017)
タイトル: Scafold-free trachea regeneratoin by tissue engineering with bio-three dimensional printing
平成28年度(国内)
4月14日 学会名: 第116回日本外科学会定期学術集会
タイトル:

「胸腔鏡下科手術における新たなアプローチ -安全性とストレスの軽減を目指して-」

「ストーマ増設患者における3Dストーマモデルの有用性」
「呼吸器外科領域における3Dプリンターを活用した診断、手術シュミレーション―当科での取り組み」

5月12日

学会名: 第33回日本呼吸器外科学会総会
タイトル: 「3Dプリンターモデル、3DCTによる術前シミュレーションと術中ICGを組み合わせた胸腔鏡下区域切除術の工夫」

6月23日

学会名: 第39回日本呼吸器内視鏡学会学術集会
タイトル: 「3Dプリンターによる気管支模型を用いたステント挿入シミュレーション」

6月24日

学会名: 第48回日本結合組織学会学術大会
タイトル: 「Bio-3D Printer Regenova®を用いた自己細胞由来人工気管の作成」

8月2日

学会名: 3大学シンポジウム(長崎大学・九州大学・金沢大学)
タイトル: 「医工の絆」ハイブリッド医療人養成コース~出島マインドで医療ものづくり~

9月9日

学会名: 第4回細胞凝集研究会
タイトル: 「Bio-3D Printer Regenova®を用いた自己細胞由来人工気管の作成」

9月26日

学会名: 平成28年度 未来医療研究人材養成拠点事業テーマA:メディカル・イノベーション推進人材の養成合同フォーラム
タイトル: 選定校(10大学)でのディスカッション

9月28日

学会名: 第69回日本胸部外科学会定期学術集会
タイトル: 「気管手術における術前3Dプリンターモデルの有用性」

10月27日

学会名: 第49回日本甲状腺外科学会学術集会
タイトル: 3D プリンターを使用して作成した甲状腺診断、手術練習用ファントムの開発と実用性の評価

11月17日

学会名: 第68回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会
タイトル: 「Bio-3D Printer Regenova®を用いた自己細胞由来人工気管の作成」

12月8日

学会名: 第29回日本内視鏡外科学会総会
タイトル: 「医工連携による新規肺像鉗子開発の取り組みReport of the creation of new forceps for treating lungs by medicine-engineering cooperation」

1月28日

学会名: がん研 蛍光イメージガイド下手術ワークショップ
タイトル: 「蛍光イメージングを応用した呼吸器外科手術」

2月10日

学会名: 第20回長崎手術手技研究会
タイトル: 「呼吸器外科領域の治療とナビゲーション手術」

2月25日

学会名: 異種移植研究会
タイトル: -

3月7日

学会名: 第16回日本再生医療学会総会
タイトル: バイオ3Dプリンター“Regenova”を用いた細胞のみで構成される人工気管作製の試み
平成28年度(海外)

5月13日

学会名: 米国胸部学会議(ATS 2016)
タイトル: 「Development of Scaffolod-Free Trachea Tissue Engineerling Using Bio 3D Printing System」
5月15日 学会名: ISFA2016(First International Symposium on Flutter and its Application)
タイトル: 「Development of a surgical instrument using an elastic vibration wing mechanism」

10月5日

学会名: EACT2016(30th Annual Meeting of the European Association for Cardio-Thoracic Surgery)
タイトル: 「Three dimensional printing model for tracheal resection」
平成27年度(国内)
5月15日 学会名: 電磁力関連のダイナミクスシンポジウム SEAD27
タイトル: 「医療器具のコンカレント設計技術の開発」
5月16日 学会名: 第69回 手術手技研究会
タイトル: 「呼吸器外科における術前シミレーション-3Dプリンターの応用-」
5月22日 学会名: 日本超音波医学会第88回学術集会
タイトル: 「3Dプリンターを用いた甲状腺ファントムの作成」
11月18日 学会名: 第67回日本気管食道科学会ならびに学術講演会
タイトル: 「バイオ3Dプリンターを用いたScaffold Free人工気管作製」
11月20日 学会名: 第3回細胞凝集研究
タイトル: 「Bio-3D Printer Regenova®を用いた新規自己細胞由来人工気管の作成」
11月26日 学会名: 第76回 日本臨床外科学会総会
タイトル: 「医工連携に基づく臨床医療イノベーション-「医工の絆」ハイブリッド医療人の養成-」
「呼吸器外科領域における3Dプリンターを活用した診断、手術シュミレーション―当科での取り組み」
「3Dプリンターを使用した新規医療機器の開発」
「乳腺・甲状腺外科における3Dプリンターの応用~甲状腺モデル、乳腺部分切除モデル~」
12月10日 学会名: 第28回日本内視鏡外科学会総会
タイトル: 「3Dプリンターモデル、3DCTを用いたシミュレーションと術中ICG投与を組み合わせた胸腔鏡下区域切除術の工夫」
12月14日 学会名: 第3回医工連携フォーラム
タイトル: 「医工連携研究に関わる各大学の事例を紹介」
平成28年 3月4日 学会名: テーマA・B未来医療合同公開フォーラム
タイトル: 長崎大学での医工連携の事例紹介「医工の絆」 ハイブリッド医療人養成コース
平成27年度(海外)
5月15日 学会名: 米国胸部学会議(ATS 2015)
タイトル: 「Strength of Native Trachea and Decellullarized Trachea of Rat to Support Making Scaffold-Free Trachea Tissue,〔Publication Number:A5347〕」
6月18日 学会名: 第16回ヨーロッパ小児外科学会 EUPSA2015
タイトル: 「THREE-DIMENSIONAL MODELS FOR PREOPERATIVE SURGICAL PLANNING OF PEDIATRIC TRACHEAL STENOSIS」
「PREOPERATIVE SIMULATION WITH 3D MODELS OF PECTUS EXCAVATUM」
10月3日 学会名: European Association for Cardio-Thoracic Surgery(EACTS 2015)第29回欧州心臓・胸部外科学会議
タイトル: 「Prediction of pathologic factors in clinical T1 lung adenocarcinoma by tumor volume using three-dimensional computed tomography images」
平成26年度(国内)
6月11日 学会名: 第26回 日本肝胆膵外科研究会
タイトル: 「高度進行肝細胞癌に対する集学的治療」
10月 2~ 4日 学会名: 第27回 日本内視鏡外科学会総会
タイトル: 「鏡視下手術のための体腔内スコープ洗浄装置の開発」
10月10日 学会名: 第73回 日本呼吸器学会・日本結核病学会九州支部秋季学術講演会
タイトル: 「右脳死片肺移植後の吻合部狭窄に対する3Dプリンターによる気管支模型を利用した気道ステント作成」
10月25日 学会名: 第25回 日本小児呼吸器外科研究会
タイトル: 「小児気道狭窄に対する外科治療計画への3Dプリンターの応用」
10月30~31日 学会名: 第47回 日本甲状腺外科学会学術集会
タイトル: 「3Dプリンターを用いた甲状腺モデルの活用法」
11月19~21日 学会名: 第76回 日本臨床外科学会総会
タイトル: 「3Dプリンターを用いた甲状腺Fine-Needle Aspilation Cytologyのトレーニング」
「3Dプリンターを用いた先天性気管狭窄症に対するTチューブ留置術の術前シミュレーション」
12月17日 学会名: 文科省未来医療研究人材養成拠点形成事業 テーマA 合同公開フォーラム(ポスター発表)
タイトル: 「長崎大学の取り組み」
平成27年 1月31日 学会名: 第31回 日本肺および心肺移植研究会
タイトル: 「右脳死片肺移植後の吻合部狭窄に対する3Dプリンターによる気管支模型を利用した気道ステント作成」
平成27年 1月31日 学会名: 第36回 九州肝臓外科研究会学術集会
タイトル: 「3Dプリンターによるモデル作成、シミュレーションが有用であった胆管細胞癌の1例」
平成27年 2月27~28日 学会名: 第32回 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会
タイトル: 「3Dプリンターで造形したストーマモデルを用いたストーマケア教育」
平成27年 3月11日 学会名: 電子情報通信学会総合大会 No.C-2-94
タイトル: マイクロ派を利用した脂肪中の血管検出の可能性試験
平成27年 3月13日 学会名: 日本機械学会 九州支部第68期総会・講演会
タイトル: 「シームレスな外科手術メカトロニクス開発に関する研究」
平成26年度(海外)
9月25~28日 学会名: iCBEB(The 3rd International Conference of Biomedical Engineering and Biotechnology)
タイトル: 「Seamless Development of Surgical Insruments based on Biological Mechanics using CAD and 3D Printer」
10月8~11日 学会名: ELSA(The International Congress of Endoscopic and Laparoscopic Surgeons of Asia)
第12回アジア内視鏡外科・腹腔鏡外科学会議(ELSA2014)
タイトル: Intraabdominal Cleaning device for Laparoscopy
10月31日~11月1日 学会名: ASSR (The International Congress of Asian Society of Stoma Rehabilitation)
第8回アジアストーマリハビリテーション学会
タイトル: Usefulness of three-dimensional models for patient education on stomal care
論文発表
 
平成29年 (雑誌名)COMPUTER ASSISTED SURGERY 2017
(論文名)Research and development of a laparoscopic surgical device for ligating endless organs based on a flexible structure
朱 睿
 
平成29年 (雑誌名)Journal of Mechanics in Medicine and Biology (JMMB)へ掲載予定
(論文名)Development of balloon based organ retractor for laparoscopic surgery
近藤 睦浩
 

平成29年

(雑誌名)Journal of Surgical Education
(論文名)Development of a Tailored Thyroid Gland Phantom for Fine-Needle Aspiration Cytology by Three-Dimensional Printing
馬場 雅之
 

平成28年

(雑誌名)Case Reports in Gastroenterology
(論文名)Usefulness of Three-Dimensional Printing Models for Patients with Stoma ConstructionUsefulness of Three-Dimensional Printing Models for Patients with Stoma Construction
松本 桂太郎
 

平成28年

(雑誌名)Surgical innovation(Surg Innov)
(論文名)Initial Experience of Multivision Thoracoscopic Surgery With Two Cameras:Dual-Vision VATS
松本 桂太郎
 

平成28年

(雑誌名)Surgery Today
(論文名)Double stenting with silicone and metallic stents
松本 桂太郎
 
平成28年 (雑誌名)IMETI2016で発表したのち、Journal of Vibroengineeringへ掲載(10月発表予定)
(論文名)Development of a finger like multi-joint articulated surgical retractor for use in endoscopic surgery
山本 郁夫
 
平成28年 (雑誌名)ISFA2016(学会出典論文)
(論文名)Development of a surgical instrument using an elastic vibration wing mechanism
大田 廉
 

平成27年

(雑誌名)気管気管支の内視鏡的治療-3Dプリンターによる気管支模型を用いたステント挿入シミュレーション-
(論文名)日本気管食道科学会会報(日気食会報)第66巻第5号(2015年10月)別刷
山崎 直哉
術中手ぶれ防止装置
平成27年 (雑誌名)Journal, Bio-Medical Materials and Engineering
(論文名)Seamless Development of Surgical Instruments based on Biological Mechanisms using CAD and 3D Printer
山本 郁夫
 
平成26年 (雑誌名)Journal, Bio-Medical Materials and Engineering
(論文名)シームレスな外科手術メカトロニクス開発に関する研究 Research on the development of seamless surgery mechatronics
山本 郁夫
肝切除モデル

平成26年

(雑誌名)Hepato-Gastroenterology 61 (2014)
(論文名)Three-Dimensional Printing Model of Liver for Operative Simulation in Perihilar Cholangiocarcinoma
高木 克典

成人気管支ステント留置症例モデル
平成26年 (雑誌名)Annals of American Thoracic Society. 2015 Jan;99(1):e21-3.
(論文名)Airway Stent Insertion Simulated With a Three-Dimensional Printed Airway Model
宮崎 拓郎
活 動
平成29年度

7月6日

「臨床先端医療機器特論」学外講師による講義PDF
講師:吉岡 てつを氏(総務省 大臣官房審議官 情報流通行政局)
演題:「医療・健康分野におけるICTの利活用の推進」

7月6日

「臨床先端医療機器特論」学外講師による講義PDF
講師:杉本真樹准教授(国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科
演題:「3D画像診断の最新技術」
平成28年度

8月18日

工学部1号館5階ME-A502 に医療工学実験室を開設しました。

11月2日

「臨床先端医療機器特論」学外講師による講義PDF
講師:檜山 康明氏(株式会社テムザック技術研究所 代表取締役社長)
演題:「医工連携による医療・福祉ロボット開発の挑戦」

12月15日

大分へ企業訪問に行きました。(㈱佐々木精工、シェルエレクトロニクス㈱、㈱トライテック、ニシジマ精機㈱)
平成27年度
9月18日 「臨床先端医療機器特論」学外講師による講義PDF
講師:酒井 宏水 教授(奈良県立医科大学医学部化学教室)
演題:「人工赤血球(ヘモグロビンベシクル)製剤の有用性と安全性」
12月17日 「臨床先端医療機器特論」学外講師による講義PDF
講師:西澤国際特許事務所 弁理士 西澤 利夫先生
演題:医学機器の特許取得について
2月5日 「臨床先端医療機器特論」学外講師による講義PDF
講師:佐賀大学医学部臓器再生医工学講座 中山 功一教授
演題:臓器再生を目指したバイオ3Dプリンタの開発とその応用について
3月14日 「臨床先端医療機器特論」学外講師による講義PDF
講師:Yale 大学 医学部内科消化器科 岩切 泰子 准教授
演題:アメリカの大学におけるキャリア形成
平成26年度
6月13日 「臨床先端医療機器特論」学外講師による講義PDF
講師:濱田 正久氏(株式会社クリプトン)
演題:「新製品、新発明による新市場の創造」
6月28日 ハイブリッド医療人養成コースシンポジウム「ファン・デン・ブルックとモーニッケ生誕200年を記念して」開催PDF
講師:ウィレム・ヤン・ボート(ライデン大学)
演題:「杉田玄白と蘭医学の主張:『狂医之書』を読む」
講師:ヴォルフガング・ミヒェル(九州大学)
演題:「江戸・明治初期の医療器具について」
講師:相川 忠臣(長崎原爆病院)
演題:「日本の近代医学の魁 オットー・G・J・モーニッケ」
   「視学機器発展とボードインの臓器別医学講義」
講師:ハメルン・ボイケルス(ライデン大学)
演題:「日本近代科学技術の先駆者 J・K・ファン・デン・ブルック」
9月 5日

 

「臨床先端医療機器特論」学外講師による講義PDF
講師:三浦 司和氏(旭化成メディカル株式会社)
演題:「メディカル分野における膜・吸着技術の応用(製品紹介とプリオン除去フィルターの開発)」
12月 6日
医療ものづくりマインド育成カリキュラム
第 12 回「学生ものづくり・アイディア展 in 長崎」出展PDF
平成27年 1月27日
ハイブリッド医療人養成セミナー開催PDF
演者:山本 郁夫 教授 (長崎大学大学院工学研究科システム科学部門)
演題:「先進的ロボット・メカトロニクスの開発 -生物運動型ロボットの医学応用について-」
平成27年 3月 6日
デルフト工科大学より、Dr.Mulder来学PDF
講演日時:平成27年3月5日14:00~
場所:工学部1号館
演題:「Shared Control」
学外連携セミナー(オランダ研修)
平成29年 1月~ 2月 武岡 陽介
ライデン大学・デルフト大学
平成29年 1月~ 2月 橋本 泰匡
ライデン大学・デルフト大学
平成28年 5月~ 12月 吉田 衣里
ポルト大学
平成27年 10月~ 12月 朱 睿
デルフト大学
平成27年 6月~ 8月 近藤 睦浩
デルフト大学
平成27年 1月~ 6月  下山 孝一郎
ライデン大学CHDR
その他
文部科学省発行パンフレット「大学病院の現状」