お問い合わせ サイトマップ ENGLISH
ホーム入学希望の皆さまへ>ディプロマポリシー
ディプロマポリシー
「人材養成に関する目的、教育研究上の目的及び各ポリシー等について」より抜粋
 
 
修士課程 保健学専攻
 1.人間や生活に関わる幅広い学問領域の知識を修得している。(知識と理解)
 2.高度専門職業人に必要な知識や理論を修得している。(知識と理解)
 3.看護・助産学、理学・作業療法学領域における高度な臨床実践能力を修得している。(技能・表現)
 4.科学的に探究する研究手法並びに教育的手法を修得している。(技能・表現)
 5.他領域の人々と連携・協働するための調整能力を身につけている。(態度・志向性)
 6.高い倫理観を持って実践できるリーダーシップを身につけている。(態度・志向性)
 専門看護師及び助産師養成コースは、特に3 が強化される。
 
 
博士前期課程 生命薬科学専攻
 1.生命薬科学に関する幅広い基礎知識を習得している。(知識・理解)
 2.先端的生命薬科学研究を行うために要する研究技能の基礎を身につけている。(技能・表現)
 3.英文による先端的生命薬科学論文を作成する基礎能力を身につけている。(技能・表現)
 4.自らが主体的に研究を遂行できる総合的能力の基礎を身につけている。(態度・志向性)
 5.先端生命薬科学を通して国際貢献できる基礎能力を身につけている。(態度・志向性)
 
 
博士課程、博士後期課程
 1. 医学・歯学・薬学分野の生命科学に関する幅広い知識を習得している。(知識・理解)
 2. 先端的生命科学研究を行うために要する研究技能を身につけている。(技能・表現)
 3.英語による学会発表及び英文による先端的生命科学論文を作成する能力を身につけている。(技能・表現)
 4. 自らが主体的に研究を遂行できる総合的能力を身につけている。(態度・志向性)
 5. 先端生命科学を通して国際貢献できる能力を身につけている。(態度・志向性)
 
 
HOME
研究科長あいさつ
研究科概要
教育研究活動
研究者・機器データベース
国際交流・留学
訪問者別INDEX
入学希望の皆さまへ
在学生の皆さまへ
卒業生の皆さまへ
企業の皆さまへ
公開講座
    関連リンク
    交通アクセス
    教職員専用ページ
    電子事務室(学外者向け)